本文へスキップ

2017年度 高浜青年会議所 理事長所信

所 信

                          第40代理事長 都築 実

〜はじめに〜
「世の中は矛盾だらけだ」
あれは良くて、これはいけない。
あの人は良くて、この人はいけない。

なぜだろう。

幼い頃からいつも考えていた。
確かに、十人十色と言うくらいだから1人ひとりの考えが違うし、その過程も、異なる環境も。だからと言って、本当にそれが合っていると言えるのだろうか。そもそも、その下した審判が合っているのかどうかを、いったい誰がどの権利で決めるというのか。
この先、私たちがその権力を持った時、人の意見に耳を傾け、考察し、見極め、最良な決断を下す事が必要ではないだろうか。それは頂点に立つ者だけではなく、それぞれの役を担っている人もその権利があるのではないだろうか。

「権力に溺れる者は国を滅ぼす」 

権力と言う権利を与えられた者は、それだけの事を考え、責任を持って行動しなければ、己だけではなく、家族や会社そして国までも滅ぼす事になる。
 そうならない為に人は、自分の役割を認識しなければならない。子ができれば親の役割、部下ができれば上司の役割、その逆も然り。人は皆、それらの役割を果たす義務があるはずです。家族や会社また、私たちのまちを更に繁栄させる為に、私たちは様々な苦難や困難を人に押し付け逃げる事をせず立ち向かい、自らに課せられた責務を果しましょう。

〜魅力溢れる指導者へ〜
 この青年会議所には、会社の経営者や重要な役割を持った人財が集まり活動・運動を行っています。そして重要な役割を持つ私たちは、様々な責任を背負っていかなければなりません。それらの中で最も重要なのが、人への責任だと考えます。人と言うのは、2人いれば2人の考え、3人いれば3人と増えれば増えるほど多種多様な思想が溢れ、新しい発見や革新的なアイデアが生まれるなど良い結果につながります。しかし、それらの考えを見誤ると争いなど悪い結果につながる事もあります。そうならない為にも私たちは、重要な役割を持つ者として、1人ひとりの長所を見極め、伸ばし、適材適所に当てはめる事の出来る指導者となり、人を惹きつける魅力を研鑽し、未来を切り拓く新たな力を身につけましょう。 

〜未来を担う青少年へ〜
「人間が想像できることは、人間は必ず実現できる」
人間が何かを想像すれば活力が湧き、探究心を掻き立て行動し、創造へとつながります。それは、子どもの頃から様々な物を見て聞いて触れることで、より磨かれてゆくものではないでしょうか。その為に私たちは、光輝く未来の財産である子どもたちに実際に見て触れる事の出来る体験や経験の機会を与える事を責務とし、夢や希望に満ち溢れる青少年育成を行いましょう。

〜認めあえる友へ〜
 近年、高浜青年会議所は20数名のメンバーで構成され、少ない会員数でもメンバー同士で共に語り合い、困難を分かち合い、お互いを認める中で新たな友情が生まれ、活動・運動の糧となってきました。これからもそれは、変わらないと思っています。

「少数だからこそ芽生える友情がある」
私たちは、今まで培ってきた友情を更に深め、仲間を信じLOMの未来をより良き姿へと変えてゆきましょう。
 また、今使用しているSNSなどの情報ツールを今一度見直し、高浜青年会議所に本当に合った広報活動を行いましょう。そして、地域やLOMのメンバーに迅速かつ正確な情報を発信し、LOMの活動が円滑に進むようにしましょう。

〜40年の感謝〜
 1977年、創立当初68名で始まった高浜青年会議所は、先輩方の努力や地域の方々の支えもあり、本年40周年の節目を迎える事が出来ました。これまでの運動・活動を振り返り、私たちの使命を再認識し、支えてくれた皆様にメンバー一同が、高浜青年会議所らしさを出し、感謝の気持ちを伝えましょう。

〜40年目の思い出〜
 創立40周年にあたり、これまで培ってきた39年の経験を元に、私たちが持つ知識と行動力を持って、心に刻まれる思い出を創る為、地域の方々と触れ合い楽しむ事の出来る事業を行います。

〜1人1人の会員拡大を〜
 青年会議所の活動・運動に継続事業と言うものがあります。素晴らしい内容の事業を受け継ぎ毎年行う事ですが、私はこの青年会議所を継続していくことが、本当の継続事業ではないかと思っています。だからこそ、高浜青年会議所を、続けていかなければなりません。その為にメンバーが、会員拡大への意識を高め、己が持つ魅力を最大限に生かし会員拡大活動を行いましょう。
 私たちが、諸先輩方からこの高浜青年会議所を受け継いだように、私たちも後輩へと受け継がせる事が責務だと思い、1人1人が自分の想いを紡いでくれる同志を募りましょう。

〜おわりに〜
 いつの時代も「偉人」と言われた人たちは、自分の生まれ持った運命を受け入れどんな困難も使命と思い、責任ある行動をする事で歴史に名を残してきました。

「私たちの使命とは何ですか」

 今一度振り返り、考えてみてはどうでしょうか。多くの人と出会い、語り、お互いを研鑽し合えるこの高浜青年会議所ならその答えが、見つけられると信じています。
 そして、今後の高浜青年会議所をより良い団体・組織にし、永久に存続し活動していく為に、1人1人が高浜青年会議所のメンバーで在ることを自覚し、責任を持ち義務を果たせる人財を目指していかなければなりません。

「できるできないではない」

私たちは常に挑戦者の心を持ち、困難に挑み続け共に成長していくことで責務を果たせる人財となりましょう。

基本方針

一、魅力溢れる指導者への人財育成
一、まちの未来を担う青少年育成
一、認めあえる友情の構築
一、活動を円滑にする為のLOM運営の構築
一、40年の感謝を伝える記念式典の実践
一、40周年の思い出に残る記念事業の実践
一、1人1人の会員拡大の実践

2017年度高浜JCスローガン

    私たちの想像を創造に
  己に課せられた責務を果たす!